フィルムで残したい、そんなシーンを自家現像でお届けしております


by Filmgaso

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
Car
Motorcycle
Travel
Rusty
Japanese style
Cafe & Restaurant
Sign
My town
Camera
Retrospective
Guitar
Kusahelo
Mechanical
Toritora
Building
Object
Single tree
Fire hydrant
Bicycle
Train
Landscape
Flowers & Plants
Through the window
Cabin
People
Lights & Shadows
Infrared film

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

お気に入りブログ

With Art
1*ときどき*5
他力本願!
jinsnap (web...
Mon's cafe
Shou's portf...
そぞろ歩きの記憶
レトロな建物を訪ねて
きまぐれオヤジの写真帖
** mana's K...
癒しの空間
Black Face S...
Photo & Shot
アムゼルくんの世界 Di...
Silver Oblivion
toriko
b - r o a d
日々
光の贈りもの
le fotografi...
monaural ve...
Memories of You
金色の麒麟が眺める世界
Yume-maboroshi
photo room #41
miyabine's フ...
崩壊する時間
SunsetLine
こんな男の独り言
IL EST TROP ...
想い出Camera
りゅう太のあしあと
ffanの写真日記
日々と木曜茶会と兎舎と*
My Palpitation
ルリビタキの気まぐれPA...
気ままに散歩(Relax...
写心食堂
Monologue
VELFIO
野鳥公園
パトローネの中
SCENE ~Sho...
夢幻泡影
是和道哉 万事快調ときどき鬱
paradise camera
想い出cameraパートⅢ
Soul Eyes
サイレントなムービー ...
写真日記
ポートフォリオ
アムゼルの個人的撮影生活...
THIS MOMENT
I love Camera
ONIGIRI CAFE
miyabine's フ...
ある日の情景

ライフログ

検索

タグ

(387)
(186)
(180)
(171)
(152)
(138)
(135)
(134)
(126)
(123)
(121)
(118)
(106)
(101)
(98)
(97)
(92)
(85)
(83)
(78)

最新の記事

梅雨入りを待ちわびていた街路樹
at 2017-06-24 00:05
梅雨入りを待ちわびていた英国白虎
at 2017-06-23 00:05
月光浴を嗜む巨木の下の洋館
at 2017-06-22 00:05
慣れないアウトドアライフに戸..
at 2017-06-21 00:05
高架橋の下での、扇風機と電話..
at 2017-06-20 00:05

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

モノクロ写真
レトロ写真

限りなく倒錯に近いブルー

f0265234_21272528.jpg

みなさん、こんにちは。

もうお気づきかと思いますが、タイトルは「限りなく透明に近いブルー」のパクリであります ^^;

村上 龍氏のデビュー作であるこの「限りなく透明に近いブルー」が芥川賞を受賞したのが1976年。

そして、このお写真のダットサントラックはそれよりほんの数年前の6代目520型になります。

このボディペイントが退色して出来た魅力的なペールブルー。

まるで痛々しい傷口から滲み出た赤錆の為に熟成されたような補色関係になっておりますね〜♪

などと力説しても、重症の錆好きにしか理解出来ない倒錯的な美学なのであります ^^; 




Meopta Flexaret Ⅵ
Meopta Belar 80mm/F3.5
With 35mm adapter
Kodak Gold100(期限切れ)
EPSON GT-X820




2つのランキングに参加しております
 1日1クリックしていただけると、明日の写欲に火が点きます^^;
⬇ ⬇ ⬇


今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。


Copyright (c) 2013-2017 film-gasoline All Rights Reserved


[PR]
by film-gasoline | 2017-03-21 00:05 | Rusty | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://filmgaso.exblog.jp/tb/27650599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by blackfacesheep2 at 2017-03-21 09:11
うぉ~、これは素晴らしい♪
昔のクルマって、こういうペールブルーに塗られたものが多いですよね。
後に赤錆と補色関係になることを見越して、この色に塗ったんでしょうか・・・
んなわきゃあないですね。
うむ~、重症の赤錆嗜好症候群にり患してしまっているようです。^^;
それにしても、すごい衝撃のあとですね。
乗っていた方は大丈夫だったんでしょうか・・・
Commented by cobag2 at 2017-03-21 17:10
私らはダットラの愛称で仕事をしてましたね^^;
ダットラはどこ行った?ダットラにガス入れて来い!なんて具合に(笑)。
懐かしいコラムシフト、今に方にはコラムシフトなんて通じるのかな?
そしてこのチョッとお洒落なペールブルー、爽やかな色だっただけに
滲み出た赤錆が余計に痛々しい!
Commented by 皐月の樹 at 2017-03-21 21:22 x
おお~、これはガッツリ錆びておりますね~。
痛々しい傷跡を埋めるかのような錆痕ですね。
このペールブルー・・・確か、フィルガソさんのお気に入りカラーですよね?!
フォードのブルーもこの雰囲気がございますね♪
このブルー、昔は2トンダンプでよく使われていたように思うのです。
殆ど、この色に染められていたような記憶がございます。
中学生くらいから、叔父の建設会社でバイトを始めましたので、よくあのブルーのダンプに乗せられて現場へ行きました。
私にも、親しみのあるブルーなのでございますv^^
Commented by film-gasoline at 2017-03-21 22:25
黒顔羊師匠、こんばんは
そうなんですよね、昔はこんなペールブルーが多かったですよね^^
あの頃は「なんでこんな半端な色を・・」って子供心に思ったものでした^^;
赤錆を見越して・・・
あははは~、それはないでしょうけど、私らみたいな重症の赤錆嗜好症候群には嬉しいお色ですよね^^
ここはお世話になっている塗装屋さん、そうそうあの親亀小亀のダットサンですよ! ^^;
Commented by film-gasoline at 2017-03-21 22:31
cobag2さん、こんばんは
そうそう、ダットラですね!
どこにでもあるダットラ、ほんとよく見かけました^^;
私もコラムで免許を取った年代ですよ、あのシフトフィールは遠隔操作しているみたいで好きでした^^;
この赤錆は痛々しいですが、げーじつ的でもありますね~♪
Commented by film-gasoline at 2017-03-21 22:38
皐月の樹さん、こんばんは
はい、見事な赤錆ですよね~♪
そして、このペールブルーはFORD虎の色合いにも似てますね!
だから、ツボなんでしょうね~^^;
おっしゃるとおり、昔はよくあった色合いですよね!
そうでしたか、皐月の樹さんにも思い出のお色なんですね(^^)v