フィルムで残したい、そんなシーンを自家現像でお届けしております


by Filmgaso

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
Car
Motorcycle
Travel
Rusty
Japanese style
Cafe & Restaurant
Sign
My town
Camera
Retrospective
Guitar
Kusahelo
Mechanical
Toritora
Building
Object
Single tree
Fire hydrant
Bicycle
Train
Landscape
Flowers & Plants
Through the window
Cabin
People
Lights & Shadows
Infrared film

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

With Art
1*ときどき*5
他力本願!
jinsnap (web...
Mon's cafe
Shou's portf...
そぞろ歩きの記憶
レトロな建物を訪ねて
きまぐれオヤジの写真帖
Black Face S...
Photo & Shot
アムゼルくんの世界 Di...
Silver Oblivion
b - r o a d
日々
光の贈りもの
le fotografi...
monaural ve...
Memories of You
金色の麒麟が眺める世界
Yume-maboroshi
photo room #41
miyabine's フ...
SunsetLine
こんな男の独り言
IL EST TROP ...
想い出Camera
りゅう太のあしあと
ffanの写真日記
ことえりごと
My Palpitation
気ままに散歩(Relax...
写心食堂
Monologue
VELFIO
野鳥公園
パトローネの中
paradise camera
想い出cameraパートⅢ
Soul Eyes
サイレントなムービー ...
ポートフォリオ
アムゼルの個人的撮影生活...
THIS MOMENT
I love Camera
ONIGIRI CAFE

ライフログ

検索

タグ

(384)
(178)
(173)
(171)
(145)
(138)
(134)
(126)
(123)
(121)
(118)
(116)
(106)
(101)
(98)
(97)
(92)
(83)
(78)
(78)

最新の記事

最後はアウトフォーカスだった..
at 2017-04-30 00:05
雪の中でもガードを緩めない律..
at 2017-04-29 00:05
桜の下 スクエアな時間を楽し..
at 2017-04-28 00:05
ルノワールを鑑賞した透明人間
at 2017-04-27 00:05
ジャンクヤードを逆行するイタ..
at 2017-04-26 00:05

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

モノクロ写真
レトロ写真

タグ:Hasselblad C/M ( 121 ) タグの人気記事

残務整理を託されたドラム缶と雨傘

f0265234_21113255.jpg


みなさん、こんにちは。

今日から4月卯月であります♪

そうは言ったものの、今日の写真はその卯月には全く関連性はありません^^;

こちらは某輸入車正規ディーラーの工場跡地であります。

廃屋となって何年も経過すると、悪ガキどもが落書きやら悪戯をするのがお約束のようです。

そんな悪戯が生み出した作品でしょうか?とても有りがたい光景に遭遇しました。

夕陽に照らされた廃屋に佇むドラム缶と雨傘、なんとも言えないシュールさなのでありました。


注:これは捏造ではないのだ、だから雨傘にも指一本触れていないのだ~^^;


今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
 
Hasselblad 500C/M
Planer 80mm f2.8
kodak Ektar 100
EPSON GT-X820
[PR]
by film-gasoline | 2015-04-01 00:05 | object | Trackback | Comments(8)

発掘された仙台市電

f0265234_21464940.jpg


みなさん、こんにちは。

こちらは以前もご紹介いたしました秋保温泉に静態保存されております旧仙台市電であります。

先日この市電の前を通りかかってハッとしました。

そういえば、まだエントリーしていない写真があったはず~

そうです、これもまた昨年秋のボツ山発掘モノであります。

それでも、ポストプロセスを見直して気持ち春っぽくしてみました^^;

そして、久しぶりに見た仙台市電の写真にPlaner 80mm f2.8の癖のない写りはやっぱりいいな~♪

と、あらためて思ったのでありました~^^;



今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
 

Hasselblad 500C/M
Planer 80mm f2.8
NEOPAN ACROS100
MICROFINE STOCK 24℃ 8min
EPSON GT-X820
[PR]
by film-gasoline | 2015-03-25 00:05 | train | Trackback | Comments(6)

踏みつぶされた蒼い葉巻

f0265234_2142248.jpg


みなさん、こんにちは。

ヒストリックフォーミュラカーの中で異彩を放つのは1969年製のロータス61であります。

従来のフォーミュラカーがいわゆる葉巻型の円筒形ボディだったのに対し、ボディ全体でダウンフォースを生み出せるよう前方が尖ったクサビ型のデザインを採用した初期のモデルです。

翌年の1970年のロータス72では、ついに車体の先端にラジエターを置く配置をやめて、サイドラジエター形式を採用しました。

当時このクサビ型のロータス61を見た人は「なんだべこのハマヂ、誰がに踏んづけられだんだっちゃ〜」(なんでしょうこの葉巻さん、誰かに踏みつけられたのですね・・・)と、思ったに違いありません^^;

今頃ですが、この写真は昨年のご紹介いたしました「オヤジたちのネバーランド」の続きです。

エントリーするのをすっかり忘れておりました^^;


今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
 

Hasselblad C/M
Planer 80mm f2.8
kodak 100T-MAX
kodak T-MAX developer Stock 24℃ 6 1/4min
EPSON GT-X820
[PR]
by film-gasoline | 2015-03-18 00:05 | car | Trackback | Comments(4)

タイムマシンで観たマシンたち

f0265234_21523535.jpg


みなさん、こんにちは。

昨日の硝子のタイムマシンが辿り着いた先は60年代のローカルサーキットでありました。

と言う無茶苦茶な展開で昨年の秋のツクバサーキットの写真にもって来ました^^;

しかし、このPlaner 80mm f2.8の描写による臨場感と立体感、恐ろしいほどですね。

ポストプロセスで変に弄ったわけでもありません。


Planer 80mm f2.8は偉大なり~、なのだ^^;


今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
 

Hasselblad C/M
Planer 80mm f2.8
kodak 100T-MAX
kodak T-MAX developer Stock 24℃ 6 1/4min
EPSON GT-X820
[PR]
by film-gasoline | 2015-01-10 00:05 | car | Trackback | Comments(6)

錆色の路地へと誘う夜明けの街灯

f0265234_23432381.jpg


みなさん、こんにちは。

温泉街の朝は早い・・・

いや、私が早起きをしてカメラ散歩をしているだけの事です。^^; 

この路地に面した赤錆タンクですが、実は昨年も背景として撮っておりました。

昨年は生憎の雨模様で川向こうにあるタンクを撮りにに行く気にはなれませんでした。

そこでリベンジ!

今年は撮ったどぉ〜!

今日は街灯が主役ですが、当然赤錆タンクが主役の写真もあります。^^; 



今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
 

Hasselblad C/M
Planer 80mm f2.8k 100T-MAX
kodak Ektar 100
EPSON GT-X820
[PR]
by film-gasoline | 2014-11-23 00:05 | rusty | Trackback | Comments(8)

北風に目覚める荒野の廃Bull

f0265234_21274641.jpg


みなさん、こんにちは。

私だけでしょうか? この光景にアドレナリンが沸騰しそうなのであります。^^; 

実はこの物件を”虎狩りシンジケート”のGさんから報告の写メをいただいたのは9月のことでした。

その頃はご覧の通り夏草に制圧されて身動きも取れない状態でした↓

f0265234_20475527.jpg


それから早2ヶ月、仕事絡みでやっとこの場に来れたのですが、状況は大きく変わっておりました。

しかし、それはそれで哀愁漂う錆銀な光景を私にプレゼントしてくれたのでした〜♪


Gさん、いつもナイスな情報ありがとうなのだ〜^^; 


今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
 

Hasselblad 500C/M
Planer 80mm f2.8
kodak Ektar 100
EPSON GT-X820
[PR]
by film-gasoline | 2014-11-22 00:05 | rusty | Trackback | Comments(10)

ホタテも憧れる「サーキットの虎」

f0265234_23241638.jpg


みなさん、こんにちは。

その昔、「サーキットの狼」という少年漫画がありました。

愛車ロータス・ヨーロッパを駆る主人公の風吹裕矢が、一匹狼の走り屋から始まり公道やサーキットを舞台にライバル達との競争を繰り広げ、プロレーサーへと成長していく物語である。(Wikipedia)

このイベントに訪れるオヤジたちの多くはその影響を受けている年代と思われます。^^; 

さて、いつもの如く、写真はそんな漫画の話とは全く無関係の英国車、トライアンフTR-4Aであります。^^;

TR4は1961年に当時のトライアンフ各車のデザインを手がけていたイタリアの新進デザイナー・ジョバンニ・ミケロッティによって、それまでのTR-3とは全く異なるモダンなボディを与えられて登場しました。

1961年と言えば、カニメことオースチンヒーレー スプライトと同期ですから、いかにこのTR-4の直線的なデザインが斬新だったか想像がつきますね。


英国車の世界ではトラと言えばトライアンフの事を指すのだ。
ちなみの私の仲間内ではシェル石油のマークは通称「ホタテ」だから「ホタテ石油」なのだ〜^^;



今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
 
筑波サーキットJCCAクラシックカーフェスティバルにて。


Hasselblad C/M
Planer 80mm f2.8
kodak 100T-MAX
kodak T-MAX developer Stock 24℃ 6 1/4min
EPSON GT-X820
[PR]
by film-gasoline | 2014-11-21 00:05 | car | Trackback | Comments(10)

いつかのクラウン

f0265234_21265343.jpg


みなさん、こんにちは。

その昔「いつかはクラウン」というトヨタ自動車のキャッチコピーがありました。

「よ〜し、俺も頑張っていつかはクラウンに乗ってやるど〜!」という意味であります^^;

今で言うところの、「勝ち組」の象徴がクラウンだったわけですね。

さて、こちらのクラウンはそういう時代のモノではありません。

新しくも古くもない「いつかのクラウン」なのでありました〜。^^;

ここはNコロを見つけた幹線道路沿いの空地であります。

このクラウンもあのNコロ同様、蔦の海に飲み込まれる寸前ですね。^^;


昨年の今頃、スピード違反でブルーメタのクラウンの覆面パトカーに捕まったのだ。
みんなもクラウンを追い越す時はよ〜く注意するのだ。^^;


今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
 

Hasselblad C/M
Planer 80mm f2.8
kodak 100T-MAX
kodak T-MAX developer Stock 24℃ 6 1/4min
EPSON GT-X820
[PR]
by film-gasoline | 2014-11-12 00:05 | car | Trackback | Comments(8)

悪意に満ちた構図2

f0265234_21474526.jpg


みなさん、こんにちは。

なんとおぞましい光景でしょう!

母の身に迫る危険を必死に伝えようとする幼子…

しかし、そうとは知らず優しく微笑む母親…

う〜ん、なんとも悪質な構図であります^^;

実はこちら「平和記念像」なのでありました。

この像は仙台市出身の彫刻家「翁朝盛氏」の作品で戦災復興事業の一環として1959年に市民の募金で設置されたものなのです。

私とした事がなんて罰当たりな事を・・・

翁朝盛先生、大変失礼いたしました。



今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
 

Hasselblad C/M
Planer 80mm f2.8
kodak 100T-MAX
kodak T-MAX developer Stock 24℃ 6 1/4min
EPSON GT-X820
[PR]
by film-gasoline | 2014-11-10 00:05 | object | Trackback | Comments(6)

オヤジたちのネバーランド

f0265234_2014546.jpg


みなさん、こんにちは。

お待たせしました、「葉巻を楽しむ男たち」の銀塩バージョンであります。

イベント翌日には現像を終えておりましたが、オトナの事情でエントリーが遅れてしまいました。^^;

さて、この日の機材ですが、銀塩は私の持っている中判カメラの中では軽量コンパクトなHasselblad 500C/Mを連れていきました。まあ、それでも十分大きくて重いのですが・・・^^;

そして、この日の筑波サーキット、ご覧の通りオヤジたちのユートピアとなっておりました。

それはオヤジたちがこれ以上歳をとらない、オヤジたちのネバーランドでもありました〜^^;


このクラスは1969年までに製造された葉巻型のヒストリックフォーミュラカーによるレースなのだ。ちなみに手前の葉巻はホンダRAカラーのブラバムBT21なのだ〜♪


今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
 

Hasselblad 500C/M
Planer 80mm f2.8
kodak 100T-MAX
kodak T-MAX developer Stock 24℃ 6 1/4min
EPSON GT-X820
[PR]
by film-gasoline | 2014-11-05 00:05 | car | Trackback | Comments(8)